忍者ブログ
allegory wanko 別Brog
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DanaidesWaterhouse_1903.jpg

The Danaides, Oil by John William Waterhouse 1903
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス ダナイデス 個人蔵
 
DanaidesWaterhouse.jpg

The Danaides, Oil by John William Waterhouse 1906
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス ダナイデス
アバディーン美術館 Aberdeen Art Gallery and Museums

アイスキュロスの「ヒケティデス」は嘆願する女たち、アイギュプトスの息子たち、そしてウォーターハウスの作品にもなった「ダナオスの娘たち」の三部作。

「ダナイデス」ってダナオスの娘たちのこと。男女それおぞれ50人ずつを子をもつダナオス。予言に「ダナオスはアイギュプトスの息子に殺される」と神託を受け、ヒュペルムネーストラー(Hypermnestra)を除いて、娘達は短剣で初夜の日に花婿を殺害するのです。

作品に描かれているのは父ダナオスの命を受けて夫を殺害した娘たち。そこは冥界で水くみの刑に処せられているところ。

「ダナオスの娘たち」もヒュペルムネーストラーが水汲みの刑に処せられたりと物語はさまざまです。
受態告知
パンドラの壷
南部のマリアナ
去れど忘られず
シャーロットの姫君(シャロットの女
アルゴナウティカ 
人魚/セイレーン/ オルフェウスの首を見つけるニンフ達/ヒュラスとニンフたち/イアソンとメディア
オデュッセイア 
マーメイド(人魚)/嫉妬に燃えるキルケ/ユリシーズ(オデュッセウス)に杯を差し出すキルケ/ユリシーズとセイレーン
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス
金の箱をあけるプシュケ/クピドの庭の扉をあけて入るプシュケ/ラミアと戦士三作品/ラミアニ作品/つれなき美女、習作つれなき美女/薔薇の魂 私の甘い薔薇
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス どうなんでしょう
「ハマドリュアス」
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス どうなんですか
エコーとナルキッソス/デカメロン/魔法をかけられた庭/野の花 (アネモネ・ブランダ) Windflowers/神託伺い/アドニスの自覚 1989の作品と1900年の作品二点/フローラとゼピピュロス/摘めるうちにバラの蕾を摘みなさい
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス ダナエ そしてラミア 」 
ダナエ/ラミア(オークランド・アートギャラリー
PR
COMMENT
TITLE
COMMENT
COLOR  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
NAME
MAIL
URL
PASS   
TRACKBACK
TRACKBACK URL >
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス どうなんですか
inoue くんが爆弾記事を書いてくれたおかげで、ラファエル前派に関係する画家の記事を見直したという、もとJOCOSOのみなさん。 ラファエル前派をはじめ世紀末の画家は、画集との色はやっぱり違うことも多いし、何枚か描いている作品の色をミックスしたようなポスタ
URL 2010/05/30(Sun)22:08:50
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス ダナエ そしてラミア
[[attached(0,class=popup_img_500_312 height=312 width=500)]]   John William Waterhouse : Danae  1892   ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスの作品を友人3人がアップしたので、じゃ僕もと思った。なぜなら嫁のもので「黄泉の女」という画集に作品があったからです。   ところがスキャナをすると色が変わるし、友人のinou...
URL 2010/05/30(Sun)22:13:20
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス 去れど忘られず
「過ぎ去りしけど忘れられざる」とでも訳すのでしょうか。1873年のジョン・ウィリアム・ウォーターハウスの「Gone, But Not Forgotten」です。ウィリアム・ウォーターハウスでは、数点気に入っているものがありますが、その中の1枚です。誓いや願い、死者への追悼、あるいは復讐の言葉として、その決意を表わす−Gone, But Not Forgotten−。テニスンの「追憶の詩」かと思っていましたが、Gone, But Not Forgotten という言葉はどこに? 500節ほどあるんですぅ。探...
URL 2010/05/30(Sun)22:44:35
11 10 9 8 3 7 6 2 1
忍者ブログ [PR]

"No Name Ninja" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.